ころまるんるん本棚

自己啓発・お金・スピリチュアルな本が好き。

私が株式投資にハマった理由⑤

こんにちは。

書いてみたら長くなりましたが、株式投資を始めた頃の記事です。

 

さて、ABC社他諸々で含み益が出ていた私。

いつ売却するか…

これは悩みどころでした。

というか実は、持っているのが正~直怖くて(下がったらショックなので)

買ってすぐ売ってしまったこともありました。

でも上がるからまた買いなおしたりして。

 

でも数十万円のプラスになると「これ、どこまで上がるのかなー、どこが頂点なんだろうなー」とか頂点を狙いだしてしまうのです。

欲が出るっていうのでしょうか。

ここが株で損する人が続出する落とし穴の一つかなーと思います。

 

ひとまず数万円程度で上がらなくなったA社は株主優待がもらえる手前で売却。

問題は数十万儲かっていたB社とC社…

いつ売ろうか…?

とここでやっと私は予測を立てました。

それは、

「みんないくらで売りたくなるか?」

つまりは「私と同じくらいの値段で買った人は、どこで売りたくなるだろうか?」

というところでした。

 

 B社は既に100万を超えたところにあり、値下がりするのも時間の問題かと思いましたが、150万くらいまでいくかどうか?というところ。

C社は90万程度でしたので100万が一区切りかなと予測。

予想した価格で売り注文を出し、売れるかどうかを待ちました。

売れるかな~。ドキドキ…

 

結果B社は売れず、C社はほぼ読み通り売れて、その後価格が下がりました。

「わ~売れた~♪」

持っていた銘柄を手放すときはちょっと寂しい気持ちになりましたが、利益が確定したことでテンションが上がります(^-^)

そして、予測が的中することは嬉しいですね。

「私は株のどこが好きなのかなー?」と振り返ると「予測が的中したとき」が楽しいことの一つなんです。(ほかにも好きな部分があるのですが)

 

さて残すところ大きな金額を突っ込んでいるのはB社。

C社で利益が出たことで調子に乗りつつあった私は、またしばらく様子を見ることにしたのでした。

 

つづく

あっという間の一日

こんばんは。

今日は何だかやる気があって雑事をこなしてましたー。午後は子どもと遊んだり。

 

そうしたらあっと言う間にこんな時間に。

時間が経つのは早いな。

 

最近情報を入れすぎて頭の中がゴチャゴチャしてきてる感じがします。

そしてそれが部屋に反映されている(^^;)

子どもは面白そうなものを見つけて遊んでいるので楽しそうですが…

もう少し管理できる量にしたいものです。

「ありがとう」「愛してる」を呟いてみた

こんにちは。

今日は株のお話はお休みして、最近面白いなぁと思ったことを書きますね。

 

本を読んでいて「ありがとう」「愛してる」を6万回(だったかな)言うというもの。

6万回は出来ませんでしたが1万回くらいは言ってみました。

 

その結果↓

・ありがとうありがとう呟いていると長女がニコニコしだした(単に呪文のようで面白かったのかもしれません)

・翌日に「臨時収入を手に入れる」と願望を書いたら、その日の昼に臨時収入。

その額39円。

 

39円…

なんだか「ありがとう」と掛けて降ってきてくれたように思えます( ̄∇ ̄)

 

偶然にしてはタイミングもドンピシャだったので、面白いなぁと思いました。

 

言うこと自体より呟いた回数を数えるのが大変ですが、試しに呟いてみると良いかもしれません( ˊᵕˋ )

 

私が株式投資にハマった理由④

私が株式投資を始めた頃のお話です(^^)

 

さて、購入したA社B社の株価が上がり10万ほどの含み益が出た状態。

まだまだ上がりそうだったため売らずに様子を見ることにしました。

当時は不動産関連会社やゲーム会社の株価も上り調子で、含み益は見るたびにどんどん上がっていきました。

当時フルタイムで働いていたのですが、休憩時間に自分の資産の評価額を確認するのがとても楽しみでした♪

 

そんなある日、株の情報掲示板を見ていて話題のゲーム会社(C社とします)が目に留まりました。

いろいろ情報収集していくと、勢いもあるしまだ上がりそうだ…

「これ買ったら儲かるだろうなー」

だんだんC社の株が欲しくなってきてしまったのです。

しかしC社はお値段70万。

A社B社以外も株を買っていたので、残金が足りません。

今持っている株を売ってしまえば買えますが、今持っているところも上がりそう。

うーん……

 

悩んだ挙句、貯金からさらにお金を持ってくることにしました。

足りないお金を補充して、いざ購入。

下がったら嫌だなー、でも勢いあるから下がらなさそうだなー、10万くらい下がったら損切りしようかなー、くらいの感覚で持ってみました。

買ってから、一度ガクッと値下がりしてヒヤヒヤしたり。ドキドキしながらも真剣に株価を見守っていました。

 

このC社が一度値段を下げたものの、その後に上がっていき、含み損が含み益に変わったときはかなりホッとしました。

そしてそのまま数日値上がり。

最終的に数十万の含み益になりました。

含み益が増えて嬉しい反面、私はあることが気になりだしました。

「これ、いつ売ればいいのだろう…?」

 

つづく

私が株式投資にハマった理由③

こちらは私が株式投資を始めた頃の記事です。

証券講座を開いた私はどの銘柄を買うか、選び始めました。

 

さて株雑誌を見ながら、私が狙いを定めたのはとある会社。

株主優待があって、値動きも激しくなさそうな初心者向け?の会社です。

「株価が下がって損しても、優待があればじっくり待ってられる♪」と長期目線で買うことに。これをA社とします。

 

あとは、バイオ銘柄と呼ばれるB社。

株価は60万。私には高すぎる…と思いつつ、日々チャートを観察していると上がり調子でどんどん値段が上がっていく。「これ、まだ上がっていきそうじゃない?」と期待が高まります。

急に下がったらどうしよう〜と思いつつ買うことにしました。

 

買ってすぐはちょっと値段が下がったりするとハラハラ。「あー、失敗したかなー」と不安にもなりました。

しかし少し下がったあとは株価が上がり、数日でA社数万、B社10万程度の含み益が出たのです。

日々増えていく金額を見て、私は思いました。

「こんなに簡単にお金って増えるものなのね…」と。

 

私が株にハマった理由は、まさにビギナーズラックだったのです。

 

つづく

私が株式投資にハマった理由②

こんにちは。

私が株式投資を始めたころのことを書いています。

あまりにも記憶が頼りないので、取引の履歴を確認しようとしましたがデータがほぼ残っていませんでしたorz

 

辛うじてスマホスクリーンショットを撮った画面が残っていましたので、それを元に記憶をたどってみます。

 

夫が楽しそうに株式投資をしている姿を見て、株に興味を持った私。

株式投資を行うために証券口座を開きました。

次に必要になるのは、貯金している銀行口座から証券口座へ、株に使うお金を移すこと。

 

さて…どのくらいまとまったお金を証券口座に入れようか…?

ここで私が考えたのは「もし失っても今の仕事をして1~2年で貯められる金額」でした。

ということで200万円ほど証券口座に投入。

 

口座を移すだけのこととはいえ、7ケタの金額を銀行口座から引き出すことに、まずドキドキ。

「桁と振込先間違えてないよね…?」と何度も数字を確認しました。

証券口座を確認し、お金が無事に移動出来て一安心。

 

 口座にお金が入ったところで、次は購入する銘柄選びです。

夫が買ってきた株雑誌をなんとなくパラパラ眺め…

株雑誌って、オススメの銘柄が結構載っているのです。こんな感じで割安ですよー、とか将来性ありますよー、とか。

そこに載っている銘柄で、いくつか気になったところを自分でも情報を確認。

 

4社ほどチョイスして買ってみたのでした。

 

つづく

 

私が株式投資にハマった理由①

先日魔法学校の桑島祐子さんにお会いした時に「株を始めたときのことを書いてみるといいと思うよ~」とアドバイスをいただきましたので、書いてみようと思います。

 

私は投資歴4年目。

ここ最近は株式の板を見ない日もあるし、ゆるゆるとしか買っていませんが、株式に入れたお金は元の1.5倍に増えました。

 

株というと、どんなイメージを持つでしょうか。

 

数十万~数千万のお金を動かして、失敗したら全部なくなっちゃうかも⁉

なんか怖い!

 

株式投資を始める前の私は、こんな風に思っていました。

元々貯金は好き(通帳残高見てニヤニヤするタイプ)で、就職してから株に興味はあったのですが、難しそうで株の教本も買わずじまい。

証券会社に口座を開いてみたものの、その先には全く進めず…

職場に元証券会社勤務の方がいたのですが、聞く勇気も出ませんでした。

そうこうするうちに数年が経過していきました。

 

そんな私が株式投資を始めたのは…

ズバリ、夫が始めたからでした。

 

元々夫は投資には興味なし。

しかしアベノミクスをきっかけに投資を開始して、楽しそうにお金を儲け始めたのでした。

それを横目で見ていた私はとても羨ましくなりw夫に聞きながらインターネットで証券口座を開設。

株式投資の世界へと足を踏み入れたのでした…

 

つづく