ころまるんるん本棚

自己啓発・お金・ときどきスピリチュアルな本が好きな主婦のブログ

金持ち脳とはどんなもの?

「金持ち脳と貧乏脳 脳とお金のただならぬ関係」(茂木健一郎さん)を読みました。

 

金持ち脳と貧乏脳

金持ち脳と貧乏脳

 

 

 

 

まだまだ貧乏脳な気がする、ころまるです。

さて金持ち脳とは一体どんなものなのでしょう…?

 

・金持ち脳の思考法「10年後をしっかりと見据えて、いかに自分の価値を高めていくことができるか」

・お金は脳の安全基地の一部分。人間関係におけるネットワーク、信頼、自分のスキル、知識、経験、そういうものが総合的に脳の安全基地となって確実性が生まれ、その分不確実性を積み増すことができる人が、一流の人やお金持ち

・確実性と不確実性のバランスが大事

・お金を使う=社会の中でのその人の地位の確認でもある

・他の人が貧乏なのに自分だけがお金を持っている状況に対して、脳は幸せを感じない

・人間関係の法則は「自分が先に与える」

・お金持ちは真心と戦略を兼ね備えている。共感が頼れない場面で成立するのが戦略

 

10年先、あなたはどんな生活をしていますか?

ころまるも考えました。子どもは小学生になって、今より手がかからなくなって、私も何か仕事をしている…でも何の仕事だろうか。

仕事を選ばなければなんでも良い、となるのでしょうがどうせなら自分が楽しんで働ける仕事がいい。

妊娠前は毎朝ため息をつきながら出勤していましたが、そういう働き方はなるべくしたくありません。どうせなら子供に楽しく仕事する姿を見せたい。

自分が理想とする10年後へ向かって、行動を起こしていく時だなと思わされました。

 

著書の中で「貯蓄は確実性の一部分」という表現がありまして、なるほどなと納得しました。自分の知識やスキル、信頼が積み重なって安全基地が作られるんですね。

 

「戦略」についての話題辺りからは正直これからどうしたらいいんじゃーと思ってしまいましたが(日本人は戦略が苦手、とありましたが私自身そうだと思います)、トライアンドエラーしかないのかな。