ころまるんるん本棚

自己啓発・お金・ときどきスピリチュアルな本が好きな主婦のブログ

日本のお母さんは育児を頑張りすぎ

図書館に行ったら新刊棚に置いてあったので手に取ってみました。

 

ワンオペ育児 わかってほしい休めない日常

ワンオペ育児 わかってほしい休めない日常

 

 ざっくり言うと「今の日本は出産も産後仕事しながらの育児も無理ゲーだよ!」という内容ですね。

これでもかと育児の大変さや職場の育児への無理解が書いてあります。

妊娠出産前の女性が読んだら間違いなくゲンナリしそうですね…

日本の全ての会社が育児に理解がないとは思いませんが、そういう職場が多いんだろうなとは予想できます。

少し前にニュースにもなった「保育園落ちた日本死ね」のブログのことも書いてあり、産後保育園のことも調べていた私は知っている内容が多かったです。

 

知らなかったことといえば、

・フランスは母乳育児するかどうかは本人の選択次第(日本は母乳育児推奨の雰囲気を感じます)

・アメリカの母親は離乳食をスーパーで購入。夕食は冷凍食品かお惣菜

 

アメリカは生まれてすぐから寝るときは親子別室(日本は住宅事情もありますが同室が多いですね)、日本は泣く子をあやしながら手作り離乳食を推奨されていたりして、比較すると、もう、頑張りすぎでしょと思います。もれなくころまるも頑張りすぎてましたが。日本のスタンダードな母はアメリカで言うとすごい主婦に該当するそうです。

 

最近は夕食を宅配弁当にして手抜きを始めましたよ。

月々お弁当代はかかりますが、夕食どうしようと悩んだり、買い物したり、子供をなだめながら急いで料理したり、せっかく作った料理を子供が全然食べなくてイライラしたり…ということがなくなりました。夕方まで子供とのんびり過ごせます。とても良い変化です。

 

そんなに頑張らなくていい。

そう誰かに言ってもらえるだけでも楽になります。

そして、実際に「嫌なのに頑張っていること」をやめるともっと楽になります。